Home > *GARDEN* > | Rose > english rose Archive

english rose Archive

グラミス・キャッスル

グラミス・キャッスルani_kuma_mini.gif

Glamis Castle  R.'Auslevel'  1992,Austin,D.(英)

☆2012年の様子☆

7月7日

もともと小さ目の花だけど返り咲きはさらに小ぶりでちょっとショボイかぁ・・・

IMG_7811-s.jpg

5月22日

先祖返り?してしまい、ピンクに咲いたグラミス。

右の白い花と同じ株から咲いています。

グラミスがピンクに咲くのはけっこうよくあることだと聞いたことがありますが、

我が家では初めて。

P1000713-s.jpg

5月15日

開花。相変わらず美しいね、白バラは。

P1000638-s.jpg

繰り返し繰り返し咲かせる。 とっても優秀。

枝は細い「それでいいのか?」と思うほどに、花つきがとても良い。

わたしは気にしないが、葉はやや病気に弱く、トゲが多い。

樹形は小ぶりなので、鉢植えに向く。

白薔薇&返り咲き好きなのでお気に入り。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ゴールデン・セレブレーション

ゴールデン・セレブレーション

Golden Celebration   R.'Ausgold'   1992,Austin,D.(英)

☆2012年の様子☆

7月7日
咲いてるけど、ちょっと写真撮るのが遅かったね、色あせ気味。
IMG_7812-s.jpg
5月17日
開花♪
素晴らしい香りをリビングまで届けてくれる。
今年じいちゃんの一番のお気に入り。
P1000652-s.jpgP1000671-s.jpg
素晴らしい素晴らしい素晴らしい!香りがする。
フルーティーなティーローズの香りらしい。
わたしにとっては、甘いレモンのような爽やかな素晴らしい香り。
樹形はツルバラに向くタイプ。スースー伸びる。
大きな花がうつむいて咲くので、
本来はツルバラとして仕立てて高い位置に咲かせるのが良いのだろうと思う。
いつか地植えにしてツル仕立てにするかもしれない。
黒点病に弱いのが玉に疵(-"-) 

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ジェーン・オースチン

ジェーン・オースチン

ani_kuma_mini.gif

 Jayne Austin  Austin(英)  

☆2012年の様子☆

7月7日

また咲いてる。

株が若いころはあまり返り咲かなかったけど、最近はよく返り咲く。

IMG_7823-s.jpg

5月22日

いい感じに咲いてきた~けど雨。

花が傷まなきゃいいんだけど。

P1000716-s.jpg

P1000722-s.jpg

5月17日

うちの看板娘、ジェーン開花。

P1000657-s.jpg

優しいアプリコットイエローのカップ咲きで、ミルラの香りが素晴らしい。

濃厚な蜂蜜の香りって感じ。

花弁が薄く繊細なので、雨や湿気には弱い。

基本的には丈夫だけど、葉っぱは頑固さのない薄い色の葉なので、

黒点病にはちょっと弱いのかも。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

スノー・グース

スノー・グースani_kuma_mini.gif

Snow Goose  Austin(英)

☆2012年の様子☆

7月3日
これもだらだらと繰り返し咲くバラ。
でも今年はツルを伸ばすよ。
そしてアーチをブラックベリーから奪還する!
IMG_7809-s.jpg
5月22日
だいぶ咲いてきた~
からんでるクレマチスは、ブルーエンジェル。
P1000719-s.jpg
5月17日
開花
これからドカドカ咲くよ~
P1000665-s.jpg
ショートランブラーともいうべきツル仕立てに向くイングリッシュローズ、だそうな。

朝クリーム色がかっていた花が、昼ごろには白くなり、夕方には終わる。

一輪の寿命は短いがとにかくよく咲く。

繰り返し繰り返し初冬まで咲く。

夏の摘雷などやりきれないくらいよく咲く。

トゲもないので、アーチに向く。家庭用アーチにはとってもおすすめ。

ただし、あまりによく咲きすぎて、なかなかアーチのてっぺんまで届かない(-_-)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ワイフ・オブ・バス

ワイフ・オブ・バス

☆2012年の様子☆

5月22日

開花

P1000714-s.jpg

これもマイナーなイングリッシュローズだよねぇ・・・

でも秋もよく咲くし、優秀なんですよ。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アブラハム・ダービー

アブラハム・ダービー 

Abraham Darby  R.'Auscot'  1985,Austin,D.(英)

☆2012年の様子☆

5月20日

酔仙翁に埋もれて開花。

P1000689-s.jpg


リアンダーグループに属する、大変優秀で人気のあるイングリッシュローズ。

とっっっってもよ~~~く返り咲く。放っておけば冬まで咲いてる。

強いフルーツ香。素晴らしい香り。(でも知人曰くラムネのにおい)

ひょっとしたら地植えにしてツル仕立てにするかも。

と言いつつ、まだ鉢植え。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

タモラ

タモラ

☆2012年の様子☆

5月20日
写真上。下はアイスバーグ。仲良く開花。
P1000687-s.jpg
マイナーなイングリッシュローズ。

棘が多いからかな?

でも咲けば可愛いし、香りは良い。

だから個人的には結構好き。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

チャールズ・レニー・マッキントッシュ

チャールズ・レニー・マッキントッシュani_kuma_mini.gif

Charles Rennie Mackintosh   Austin(英)

☆2010年の様子☆

11月12日

咲いてるね・・・また。

IMG_7706_s.JPG9月11日

チョボチョボと返り咲き。

今年はあまり調子がよくない。次の植え替えでは優遇してやろう。

IMG_7666_s.JPG7月12日

返り咲き。返り咲きもコロンと可愛らしい(^^)

IMG_7608_s.JPG5月27日

だいぶ咲きました。一番花はこれでひと段落。

IMG_7479_s.JPG5月14日

開花です。

今年はアシナガバチに気に入られて、枝に繰り返し巣を作られているチャールズ氏であります・・・

IMG_7406_s.JPG4月16日

ツボミが出ています。

IMG_7302_s.JPG

 スコットランドの建築家の名前をいただく、

返り咲き性に大変優れたイングリッシュローズ。

うさぎ耳みたいな独特の形をした蕾から、コロコロした可愛らしいピンクの花が開く。

花びらの一枚一枚はハート型のようにくびれが入っていて特徴的。

香りよく、日陰にも強い、優秀品種。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ジャネット

ジャネット

Janet  Ausutin(英)

☆2010年の様子☆

8月2日

夏の花はイマイチだけどね・・・

IMG_7629_s.JPG 5月27日

開花♪美しい~~

IMG_7488_s.JPG 3月3日

芽が出てきた。IMG_7173_s.JPG

ツルバラとして仕立てるのに向くイングリッシュローズってことで入手したんだが、

花弁が薄いため花が雨に弱く、よくボーリングする。

ちゃんと咲けば、花弁には切れ目が入りヒラヒラした上に先がくるんと丸まって

大変優雅な花姿。

美しいので地植えも考えているんだが、

ボーリングを考えると軒下になる場所がいいのかな・・・とか考え中。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ア・シュロップシャイア・ラッド

ア・シュロップシャイア・ラッド

☆2010年の様子☆

5月22日

この咲き具合が好き♪

IMG_7449_s.JPG5月20日

なんか咲いちゃってた。今年はアーチが混み合ってるので見落としてた!

これはアーチの地植え。

IMG_7418_s.JPG

春。芽が出てきた。

他のバラは赤っぽい芽が多いけど、これは薄緑色の芽。IMG_7178_s.JPG

ツルバラ仕立てに向くというリアンダーグループに属するイングリッシュローズ。

アーチに絡めるために入手したんだけど、思うように大きくならない・・・

花つきも少なめ。

それで鉢植えも増やしたんだけど、どっちが向くのかな??

いつ何時でも花姿が整っており、

花びらがしっかりしているので、雨に打たれても強い。

香りも良い。これでもう少し樹の成長がよければ不満はないんだけど。

 

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ウィリアム・シェイクスピア2000

ウィリアム・シェイクスピア2000

William Shakespeare 2000

Austin(英) 2000

☆2009年の様子☆

12月23日

剪定と植え替え

株の調子が絶悪で、枯れちゃうか?と思ったんだけど、根っこの調子は悪くなかった。

賭けだけど・・・げんこつ剪定にして小さい小さい鉢にして、来年の復活にかけてみる。

P1010305_s.JPG 7月10日

咲いてます。

株の調子がよくないので、5月は全部摘蕾してたんだけど、

あまりに蕾が上がるので挫折して咲かせてしまった・・・

P1000654_s.JPG

2008年の咲きぶり

IMG_6208-s.JPG

クリムズンレッドに紫が入る、深く微妙な色合いの美しいイングリッシュローズ。

香りも甘く素晴らしい。

樹形は横張りぎみ。

行方不明になったと思ったら、小さい鉢に植えてあった。よかった(^^) 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > *GARDEN* > | Rose > english rose Archive

Search
Recent Entries
Recent Comments
  • piro: ちゅん 川越はいいと read more
  • 流れ星のちゅん: 川越市の街歩きをする read more
  • piro: miruさん こんに read more
  • miru: piroさん、大変ご read more
  • piro: ちゅん どうも御無沙 read more
  • 流れ星のちゅん: ぴろ、今年は充電期な read more
  • piro: しょうもない近況なん read more
  • 流れ星のちゅん: は~い!私読みま~す read more
  • RAKKO: ありがとうございまし read more
  • piro: ☆RAKKOさん☆ read more
Tag Cloud
About piro
Feeds

Return to page top